ホーム > 学科・コース〈保育科〉 >  現場主義の「京都ほせん」

保育科

現場主義の「京都ほせん」豊富な実践プログラムで、保育者に必要な力を身に付ける

  • 校舎の一室が保育園!子どもと一緒に授業も展開

    学院の教室の一つが、同法人が運営する「桂保育園」の分室になっています。遊んだり、お昼ごはんを食べたり、お昼寝したり、子どもたちの生活が私たちの学院の中にあります。学生も自由に部屋に出入りすることができ、ときには一緒に授業をすることも。また、同じく校内に総合療育事業「ののはな教室」、隣には児童発達支援センター「洛西愛育園」があり、授業やボランティアなどで交流しています。

    本学2階にある桂保育園分室
  • 認定こども園で子どもたちとコラボ授業!?

    1回生の5月ごろには、同法人が運営する「桂ぶどうの木こども園」で授業を展開する「ぶどう教室」が開催されます。子どもの目線、保育者の姿、保護者の様子など、現場でのさまざまな出逢いを通して、子どもたちのワクワクした表情を引き出すためにどうしたらいいのかを考え学びます。どんなコラボができるかは、学生たちのアイデア次第。あなたの考えたこと、感じたことを、現場での学びに直接活かせるチャンスです!

  • 保育も福祉も!多彩な施設の現場に学ぶ

    1回生後期の授業では、法人内の施設を少人数グループで訪れ、施設設備の工夫や先生方の関わり方をじっくりと見学します。また、振り返りの授業には現場の先生が直接来られ、命と寄り添う熱い想いで説明やアドバイスをいただけます。時間をかけた濃密な現場とのつながりは「京都ほせん」ならではです。

    〈授業を行う4つの施設〉桂保育園 保育所、桂ぶどうの木こども園 認定こども園、洛西愛育園 児童発達支援センター、デイセンターひまわり障害者生活介護事業
  • 実習先は保育所以外も!多彩な児童福祉・教育の現場を経験

    保育士の働く場所は、保育所だけではありません。児童館などで行う「通所施設実習」、子どもたちが暮らす養護施設などで泊まり込みも経験する「生活施設実習」など、資格を活かせるさまざまな施設で幅広く実習を行うのも「京都ほせん」の大きな特徴です。それぞれの場所が求める対人援助法を学び、たくさんの答えと出逢うことで、幅のある活躍が期待されます。

  • 園・施設でのアルバイトやボランティアを通してリアルに学ぶ!

    「京都ほせん」に集う学生は全員「先生」になる人たちです。受け身で学ぶだけでなく、現場のリアルを体感しながら実践することで、自分らしい働きに気づきます。活躍が評価され、アルバイト先やボランティア先がそのまま卒業後の就職先になる場合も少なくありません。

  • 保育士として活躍する卒業生が身近に!

    先生と学生の距離が近い「京都ほせん」では、卒業後も「先生に会いたい」と遊びに来る卒業生がたくさんいます。そうした交流の中に在校生も交わり、プロならではの貴重な経験を聞くことができます。夢をかなえた先輩たちの姿から、仕事の魅力にもっと気づけるチャンス。京都ほせんは「人の輪」があり「夢や希望を語れる場所」でありたいと考えています。

  • 実習・就職先で必ず使える!多彩な視聴覚教材づくり

    手作り名札や自己紹介の絵本、ペープサート、絵話、パペット、エプロンシアター、パネルシアター、ハンカチシアターなど、子どもたちと一緒に楽しめる多彩なアイテムを制作します。そうした制作物は就職してからも大活躍!「京都ほせん」時代に制作した教材を長年愛用している先輩方がたくさんいます。

    手作り名札、絵話、大型絵本・ペープサート、スケッチブック

資料請求はこちら