ホーム > 就職・資格 > 先輩からのメッセージ

Finding Job / Certification就職・資格

先輩からのメッセージ

Question

    この分野を目指した理由
    この施設に就職を決めた理由
    学生時代のどんな学びが現在の仕事に活かされていますか
    仕事のやりがい
    今後の目標
【保育園】ビジョンを持って学んでいくその「経験」と「知識」が「知恵」になる

2014年卒業 信ヶ原 悠文さん

京都府立鴨沂高等学校→ 近畿大学 出身

だん王保育園 勤務

[ 活かせる資格 ]保育士資格

Answer

    1
    大学卒業時には就職活動をせず、人と関わる仕事がしたいと考え、身近な存在であった保育の道を目指して「京都ほせん」へ入学しました。
    2
    卒業時は先生に勧められた保育園に就職しましたが、自分の育った場所で働きたいと2年前から現職に。副園長として運営にも携わっています。
    3
    実習で多くの現場経験ができたことで、子どもとの関わり方、保護者の方や他の先生方との接し方も学ぶことができました。
    4
    子どもが笑顔になってくれるのは、安心して気持ちを向けてくれていることだと思うので、そういう時にはやりがいを感じますね。
    5
    みんながわくわくするような園づくりを、保育士として、また経営する立場として、本園に携わるすべての方と一緒に行っていきたいです。
信ヶ原さんのある一日
【認定こども園】3人の子育て経験を生かしながら保護者に安心してもらえる保育を目指す

2006年卒業 長谷川 美希子さん

京都市立紫野高等学校出身

桂ぶどうの木こども園 勤務

[ 活かせる資格 ]保育士資格 幼稚園教諭2種免許

Answer

    1
    保育園の時に先生に憧れ、高校卒業と同時に「京都ほせん」へ。共働きで家庭保育が困難な子どもたちをケアしたいと考え保育士になりました。
    2
    卒業後すぐに結婚、出産を経験。5年間のブランク後、やっぱり保育士として働きたいと思い、「京都ほせん」と同法人である本園開園当初から勤めています。
    3
    赤ちゃんの1日のリズムや泣き方、離乳食の作り方など、学んだ知識が現場で結びつくことで安心して対応できました。
    4
    私は保育士であると同時に、子どもの保護者でもあります。働くお母さんに「助かりました」という一言をいただいた時にはやりがいを感じますね。
    5
    集団生活の中で一人ひとりの子どもを見守りながら、その子なりの成長を助けていける保育士になることが今後の課題です。
長谷川さんのある一日
【児童養護施設】「寄り添える保育士」を目指してそれぞれの子どもに合った支援を

2018年卒業 輪形 帆夏さん

京都府立洛水高等学校出身

京都聖嬰会 勤務

[ 活かせる資格 ]保育士資格 幼稚園教諭2種免許

Answer

    1
    幼少期から保育園の先生になることが夢だったので、高校卒業後、迷うことなく保育を専門的に学べる「京都ほせん」への進学を決めました。
    2
    学生の時に実習させていただいたのが今の児童養護施設。その後、アルバイトで経験を重ねて就職しました。
    3
    オペレッタやぶどう祭など、授業や行事を通じて、「協調性」「寄り添い」「思いやり」などが自然に身に付いたことです。
    4
    大人に本音を伝えられない子どもが多い中、想いや悩みを話してくれた時。「今までの関わり方でよかったんだ」と感じる瞬間です。
    5
    「寄り添える保育士」を目標に、これからも児童養護施設で子どもたちと向き合っていきます。仕事もプライベートも充実させたいですね。
輪形さんのある一日