ホーム > 就職・資格 > 就職サポート

Finding Job / Certification就職・資格

就職サポート

就職率99% さまざまな施設・教育機関で先輩たちが活躍しています!

京滋の保育福祉・幼児教育界をリードする卒業生たちの活躍、実践力の習得に重きを置いた教育方針とカリキュラム、手厚い個別進路サポートが融合し、抜群の就職率を達成しています。
働いてみたい福祉や教育の現場で経験が積めるアルバイトやボランティアの紹介にも力を入れ、時間をかけた主体的な実践が就職につながる場合も少なくありません。

グラフ:過去3年間の卒業生就職状況
主な進路分野
保育所
幼稚園
認定こども園
児童養護施設
乳児院
児童発達支援センター
児童館
母子生活支援施設 など

京都ほせんが 就職に強い理由

  1. 理由01
    65年という京都で最も長い歴史のある保育士養成施設だから保育福祉施設とのつながりが強く現場からも高い評価を得ています。
  2. 理由02
    1回生から保育福祉施設でのアルバイトやボランティア活動を推奨し紹介。早期から現場への意識付けを行っています。アルバイト先が就職先になる場合もあります。
  3. 理由03
    就職ガイダンスだけでなくゼミ担任による個別でのきめ細かい指導。
  4. 理由04
    卒業後も教員が一人ひとりの就職先を訪問し状況を把握。手厚いサポートと共に現場とのつながりを深めています。

個別進路サポート 就職活動を手厚くフォロー

  • ボランティア・アルバイト活動推奨(1回生5月)
  • 就職ガイダンススタート(1回生9月)
  • ゼミ担当教員による個別就職指導(2回生4月)
  • 卒業生による現場状況報告会(2回生7月)
  • 「就職フェア」への参加(2回生9月)
  • 卒業後も教員が勤務先を訪問し卒業生の現場での様子を伺っています

就職内定者ボイス

実習先で尊敬できる先生と出会えたことが「療育」の魅力を実感するきっかけに

内定した法人が運営している障がい児施設には1回生の時に実習に行ったのですが、そこで尊敬できる先生に出会ったことが就職したいと思ったきっかけです。自分が働いている姿がイメージできたんです。その法人は京都府立の様々な施設を管理運営しており、私は障がい児施設への配属を希望しています。「療育」という分野があることは「京都ほせん」に入学してから知ったのですが、一人の子どもにじっくり向き合いながらサポートしていきたいです。

濱村洋さん