HOSEN Blogほせんブログ

2回生 福地ゼミ「フィールドワーク」

今年の福地ゼミは社会人経験のある学生が半分近くおられますが、年齢関係なく、和やかな雰囲気でゼミをしています。
先日は遠足などでも使用される「ロゴスランド(鴻巣山運動公園)」に行ってきました。大自然の中で食べたり、走ったり、跳んだり、登ったり、子どもたちに負けないくらい元気いっぱい活動してきました!

1

2

3

4

5

6

学外授業では保育学生として子どもたちが利用する施設を実際に利用し、安全に活動するためにはどのような準備や配慮をすべきかを考える機会にしてほしいと思っています!

1回生 お誕生表製作

1回生の「保育内容「表現」」授業でお誕生表を製作しました。

保育園・幼稚園・こども園のお部屋の中に、子どもさんの誕生表が貼ってある場面を見たことがある人も多いと思います。
近年は個人情報保護の為、日付は書かない園が多数なので、学生も日付を書かずに各月に分かれて誕生表を製作しました😄

同じ月生まれの人同士がグループになり、その月をイメージし、貼り合わせたり、立体的にしたり、色合い、可愛さなどを考えながら作りましたよ。

img_e8850%e4%bf%ae%e6%ad%a3

img_e8851%e4%bf%ae%e6%ad%a3

img_e8852%e4%bf%ae%e6%ad%a3

img_e8853%e4%bf%ae%e6%ad%a3

img_e8854%e4%bf%ae%e6%ad%a3

img_e8855%e4%bf%ae%e6%ad%a3

保育演習室に飾ってあるので、オープンキャンパスに来られた際に、ぜひ見てくださいね!

2回生 片山ゼミ 子育て支援事業に参加

今年度も2回生の片山ゼミの学生さんは、同法人の「桂ぶどうの木こども園」の子育て支援行事「どよっこクラブ」にお手伝いに行かせて頂いています。5月25日のどよっこクラブは、参加人数は4人と少なめでしたが、新聞紙あそびを楽しむ事が出来ました。

img_6569

img_6592

絵本の読み聞かせも経験させてもらいます。

img_6575

img_6579

img_6581

img_6587

img_6588

img_6590

新聞紙あそびに興味がもてるように、丸めて切り込みを入れた新聞紙の真ん中をひっぱると、新聞紙が伸びて出てくる仕掛けを用意してみると、興味をもってくれました。
長くのびた新聞紙を振り回してあそぶ姿から、丸めた新聞紙を広げて、スカートにしたり、帽子にしたりと子どもの発想が広がりました。
またビリビリ破いて紙吹雪にしていると、お母さんから「家ではここまでさせられない・・・」と言う声をあり、園だから出来るあそびに提供の大切さを改めて実感しました。
最後は小さいビニール袋に新聞紙をあつめて、ボールにし、好きな絵を描いて自分のボールを作りました。自分の顔を描いたお友達もいましたよ!
学生さんも、子どもたちが楽しくあそぶ姿に笑顔が広がっていきました。

2回生 乳児保育②「赤ちゃん人形演習」

2回生「乳児保育②」の授業でオムツ交換と赤ちゃんの服の着せ方について、赤ちゃん人形を使って体験しました。

体験した内容は・・・
①服を全部脱がして、体のチェックをして、紙オムツから布オムツに交換する。
②新しい服を着せる。
③服を着たまま、布オムツから紙オムツに交換する。
この3つの内容です。

img_6546%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

img_6548%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

img_6549%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

img_6558%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

img_6561

img_6559

布オムツの輪の部分を上にする事。おむつカバーのあて方などすべて初めての体験です。「輪ってどこの事」「おむつカバーはどうやってするの?」言葉の説明では理解したつもりになっていても、いざやってみようとするとわからなくなってきて、グループのみんなで資料を確かめたり、教員に聞いたりして進めていきました。
赤ちゃんに負担をかけない服の着脱のポイントを体験しながら考えたり、カバーオールのボタンに手こずったりしながらも、体験する事で「知らない」ではなく、知っている事として実習や保育現場に出た時に、また先輩の保育士の方から教え、伝えてもらう時に、気持ちに余裕を持って学ぶ事が出来る事でしょう。

2回生 片山ゼミ「スライム作り」

2回生保育系ゼミ「片山ゼミ」の活動紹介です。
この日はスライムの感触あそびです。「定番のスライム」と「片栗粉スライム」作りを体験しました。

%ef%bc%91

%ef%bc%92

%ef%bc%93

%ef%bc%94

%ef%bc%95

%ef%bc%96

%ef%bc%97

「定番のスライム」作りでは、食紅の色を混ぜて、色の混色を楽しむ姿もありました。なかなかイメージする色がつくれず悪戦苦闘する姿が見られました。色を混ぜずに作った学生のスライムの方が、透明感があるスライムになり、色の混ぜる量の加減などが難しいようで、混ぜて作ったスライムは透明感があまりない仕上がり具合でした。

%ef%bc%99

%ef%bc%91%ef%bc%90

%ef%bc%91%ef%bc%92

「片栗粉スライム」作りは、水を混ぜて片栗粉をなじませていきます。握ると、手の中で固まった片栗粉が、手の温かさで指の隙間からタラタラと流れ落ちる不思議に「科学を感じる」という言葉が学生さんからポロリとこぼれました。子ども達が「楽しい」「不思議」と感じてあそぶ体験を通して、子ども達目線の発見があったようでした。